診療科・部門

整形外科
(運動器再建・外傷センター)

診療時間

どちらかを選択してください

  • 紹介状を
    お持ちでない方
    一般外来
  • 紹介状を
    お持ちの方
    紹介外来

一般外来

整形外科
(運動器再建・外傷センター)
受付時間
午前
8:30〜11:00
【一般外来】
寺田 聡史
【一般外来】
犬飼 智雄
三宅 央哲
【一般外来】
田島 紘己
【脊椎外来】
中島 晶
【一般外来】
唐澤 善幸
【関節外来】
中根 邦雄
輪番制

▶▶▶︎ 横にスクロールできます ▶▶▶

※( )は非常勤医師です。   
※医師名後ろの数字は曜日の第1〜5週です。

紹介外来

整形外科
(運動器再建・外傷センター)
受付時間
午前
8:30〜11:30
【外傷】
唐澤 善幸
【外傷】
新藤 正輝
【外傷】
吉田 映
【上肢】
犬飼 智雄
【関節】
寺田 聡史

▶▶▶︎ 横にスクロールできます ▶▶▶

整形外科
(運動器再建・外傷センター)
受付時間
午前
(特殊外来)
【上肢】
犬飼 智雄
【脊椎】
中島 晶
【関節】
中根 邦雄

▶▶▶︎ 横にスクロールできます ▶▶▶

※( )は非常勤医師です。
※医師名後ろの数字は曜日の第1〜5週です。
外傷による損傷をはじめ、骨、関節、脊椎、脊髄、腱など傷んだ部位をただ手術で治すのみならず、機能を回復するための治療を目指しています。
高齢化に伴い、手、足、腰、背中など各部位の病気を持つ方が増えています。当院には、それぞれの部位を専門とする医師が充実しています。
介護を必要とする原因の第3位は骨折・転倒などの運動器疾患です。入院や介護を受けずに過ごせる「健康寿命」を延ばすための、治療や予防に力を入れています。

概要

骨、関節、脊柱・脊髄など体を動かす機能が対象です。

整形外科では、骨・関節などの骨格とそれを取り囲む筋肉、これらを動かす神経などのしくみを総称する運動器官に関する治療を行っており、骨・関節のみではなく、脊椎、脊髄、末梢神経、筋、靱帯を含めた広い対象を扱います。
整形外科の治療は手術だけでなく、手術をしない保存的な治療も多いです。私たちは患者さまが人が生き生きとした生活を送るために、機能の改善をめざしています。外傷・骨折はもちろん関節の痛みや、手・足が痛い、しびれる、麻痺などの症状、手足、背骨の変形するなどがみられる場合にご相談ください。

主な対象疾患

  • 外傷
  • 骨折
  • リウマチ
  • 骨粗しょう症
  • 脊椎・脊髄疾患
  • 腰部脊椎管狭窄症
  • スポーツ障害
  • 絞扼性神経障害
  • 腱鞘炎

※上記は一例です。

診療内容

外傷

大雄会の外傷治療は、損傷の激しい骨折に対し、骨を繋ぎ合わせることだけでなく、怪我をする前の状態に戻す”機能再建”を目標として治療に取り組んでいます。唐澤医師は、スイスに本部を置き最先端の骨折治療法を世界に発信するAO/ASIF財団に所属し、AOの哲学である「受傷肢の完全機能回復」に基づいた外傷治療を学ぶとともに、AO TRAUMA JAPANの教育委員として全国各地で講演活動を行っています。
外傷治療は、骨折や脱臼など急なアクシデント損傷全般のほか、大腿骨骨折や関節内骨折などの複雑なケース、重度な外傷にも対応しています。また、高齢者に対しても、可能な限り早期に手術を行い、受傷前の日常生活に戻れるよう取り組んでいます。早期治療として、例えば大腿骨頸部骨折では、来院から手術までの待機時間は全国平均で5.5日ですが、当院では平均1.5日です。
治療計画については、担当医師と理学療法士、作業療法士、ケースワーカーが患者さまやご家族と手術後のあるべき姿を計画します。患者さまによってゴール地点は異なり、手術・リハビリも含め医療チームが経過をチェックし、術後の生活スタイルに合わせてトータルな視野で患者さまをサポートしていくよう務めています。

手外科

手は極めて繊細で、運動器官であるとともに知覚器官でもあります。したがって、治療においても特別な配慮をもって取り組んでいます。上腕、肘、前腕、手関節にわたる領域に対応しています。
  • 上肢外傷(しょう骨遠位端骨折、上腕骨遠位端骨折、肘脱臼骨折など)
  • 手根管症候群(鏡視下手術、通常手術)         
  • 肘部管症候群              
  • 腱鞘炎、バネ指                      
  • 腱断裂の腱縫合、腱移行術
  • 関節リウマチの変形矯正                 
  • 母指CM関節症              
  • 軟部腫瘍(顕微鏡下摘出術)

※上記は一例です。

リウマチ外来

関節破壊の症例に対し、人工股関節・人工膝関節の手術を行っています。
他科と連携して生物学的製剤による治療も行っています。

骨折予防外来

介護を必要となる人の5人に1人は骨折・転倒、関節疾患が原因です。骨折の原因となる骨粗鬆症の改善は「健康寿命」のための需要な要素です。
骨粗しょう症は骨密度が少なくなり、骨がもろくなる病気です。骨の強度は、骨密度と脅質で決まります。骨は鉄筋コンクリートに例えられます。鉄骨が少なければ (骨密度が低ければ)潰れてしまいます。そして鉄骨が十分でもコンクリートが 粗悪ならば(骨質が悪ければ)やはり崩れてしまうのです。 若いころより2cm以上背が縮んでいれば危険信号です。レントゲン検査や骨密度測定(DEXA検査)で骨の状態を把握し、治療を行います。

脊椎外科領域の診療

外来診療

治療の第一歩としては痛みなどの苦痛の原因究明、診断確定が重要です。問診、診察に続き必要に応じてレントゲン写真、MRI、CTなどの非侵襲的な検査を行っています。これらの検査によって殆どの痛みの原因を特定することが可能です。外来での通院治療の柱は投薬、ブロック注射、コルセットなどの装具治療の三つです。薬は効果と副作用を考慮して慎重に処方しています。また他院での治療でもどうしても改善しない症状などには最新の薬物療法や漢方薬などの投与も考慮することがあります。最近増加している骨粗鬆症は脊椎領域では寝たきりの引き金となる圧迫骨折や破裂骨折の原因となります。そこで骨粗鬆症に対しては各種の内服薬のほか、注射による治療も提案して可能な限り骨折しにくい体を作る治療を常に提案をしています。

痛みに対して有効なブロック注射のうち尾底骨の部分から行う仙骨硬膜外ブロック注射は外来通院でも行っています。これらは抗凝固剤、抗血小板剤などを内服している場合は注意が必要です。比較的簡単な用意で行うことが出来る利点がありますが、効果が無いか短時間で効果が切れてしまう場合は入院での検査、治療を考慮することも重要でしょう。

入院検査

脊椎疾患による辛い症状が通院治療で改善しない場合は入院での精密検査と治療を提案しています。代表的な疾患である腰椎椎間板ヘルニアの場合では1泊2日の入院で神経根ブロック、椎間板ブロックなどを施行しています。多くの場合で症状の改善あるいは治癒が期待できます。高い確率で手術の有効性が期待できる疾患、例えば腰部脊柱菅狭窄症などにおいては1泊2日の入院にて脊髄造影検査を行いこれにより綿密な手術計画を提案しています。勿論検査をしたから手術をしないといけないということではありません。症状の強さ、「もっと歩けるようになりたい」といった生活の希望、入院での検査結果を総合して最も安全で効果の期待できる手術方法の提案を行っています。

脊椎手術

脊椎の手術は全例全身麻酔によって行います。麻酔はすべて専門の麻酔科医によって行われ、患者さまにとって非常に安心できる環境が整備されていると思います。術後も麻酔科と看護チームによる適切な投薬やケアによって術後もあまり痛くなく過ごす事ができます。手術翌日朝からはリハビリスタッフによる歩行訓練などが行われ、食事も始まりトイレにも行って頂きますから、点滴やチューブにつながれて、寝たきり状態でいるのは実質手術翌日までの一晩のみという事になります。代表的な高齢者の腰部脊柱菅狭窄症の場合、皮膚の切開は安全を確保するためにある程度おきますが手術はおよそ30分から1時間程度、出血量は10〜50ml程度で終了することが多く、体力のある方ならば術後5日目程度で退院可能です。高齢の方でも殆どの場合は術後7日目に抜糸を済ませ、8日目には退院していかれます。頚椎の手術や腰椎に金属を挿入するような手術(インスツルメンテーション手術)でも同様のスケジュールで治療が可能であり、殆どの患者さまが術後8日目には退院されています。これらの手術を含め殆どの脊椎手術において出血量、手術時間の関係から輸血は必要ありません。

受診・手術をお考えの患者さまへ

脊椎疾患においては手術を急いで受ける必要は「運動神経麻痺」や「感染」を生じている場合などをのぞけば基本的にありません。あらゆる選択枝を排除せず前向きに治療方法を考え、私たちと相談することが改善、治癒への突破口になります。私たちは患者さまの人生が良いものになるようにサポートする事を脊椎治療におけるポリシーとしています。

医師紹介

  • 人工関節センター長

    中根 邦雄

    人工関節センター長

    中根 邦雄

    ● 卒業年
    1967年
    ● 主な専門領域
    関節、リウマチ、骨折予防
    ● 所属学会
    日本整形外科学会
    ● 資格
    日本整形外科学会専門医
    医学博士
  • 運動器再建・外傷センター顧問

    新藤 正輝

    運動器再建・外傷センター顧問

    新藤 正輝

    ● 卒業年
    1979年
    ● 主な専門領域
    整形外科、外傷外科、救急医学
    ● 所属学会
    日本整形外科学会、日本救急医学会、日本骨折治療学会、日本外傷学会
    ● 資格
    日本整形外科学会専門医、日本救急医学会専門医・指導医、日本外傷学会外傷専門医
    医学博士
  • 整形外科臨床副院長

    唐澤 善幸

    整形外科臨床副院長

    唐澤 善幸

    ● 卒業年
    1995年
    ● 主な専門領域
    整形外科外傷
    ● 所属学会
    日本整形外科学会、日本骨折治療学会、日本手外科学会、日本骨粗鬆症学会、日本抗加齢医学会、中部日本整形外科災害外科学会
    ● 資格
    日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医、日本骨粗鬆症学会認定医、日本抗加齢医学会専門医
  • 整形外科診療部長

    犬飼 智雄

    整形外科診療部長

    犬飼 智雄

    ● 卒業年
    1998年
    ● 主な専門領域
    整形外科、手外科(末梢神経、関節リウマチ)
    ● 所属学会
    日本整形外科学会、日本手外科学会、日本肘関節学会、日本リウマチ学会、日本リハビリテーション医学会、日本マイクロサージャリー学会
    ● 資格
    日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医、日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医、中部日本整形外科災害外科学会評議員
    医学博士
  • 人工関節センター診療部長

    寺田 聡史

    人工関節センター診療部長

    寺田 聡史

    ● 卒業年
    1999年
    ● 主な専門領域
    整形外科、関節外科(人工関節、スポーツ整形、リウマチ)
    ● 所属学会
    日本整形外科学会、日本リウマチ学会、日本人工関節学会、日本関節病学会、中部日本整形外科災害外科学会、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)
    ● 資格
    日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会専門医
    医学博士
  • 人工関節センター診療部長

    大谷 真史

    人工関節センター診療部長

    大谷 真史

    ● 卒業年
    2000年
    ● 主な専門領域
    整形外科、関節外科(人工関節・リウマチ)
    ● 所属学会
    日本整形外科学会、日本リウマチ学会、日本人工関節学会
    ● 資格
    日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
    医学博士
  • 整形外科医長

    吉田 映

    整形外科医長

    吉田 映

    ● 卒業年
    2004年
    ● 主な専門領域
    整形外科一般
    ● 所属学会
    日本整形外科学会、日本骨折治療学会、中部日本整形外科災害外科学会
    ● 資格
    日本整形外科学会専門医
  • 整形外科医長

    堀 和一郎

    整形外科医長

    堀 和一郎

    ● 卒業年
    2005年
    ● 主な専門領域
    整形外科、一般外傷学、医学教育、国際保健
    ● 所属学会
    日本整形外科学会、日本手外科学会、日本国際保健医療学会、日本公衆衛生学会、American Academy of Orthopaedic Surgeons(米国整形外科学会)
    ● 資格
    日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医、日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医、ICD制度協議会認定ICD(インフェクションコントロールドクター)、日本医師会認定産業医、臨床研修指導医
    医学博士
  • 整形外科医師

    田島 紘己

    整形外科医師

    田島 紘己

    ● 卒業年
    2011年
    ● 主な専門領域
    整形外科
    ● 所属学会
    日本整形外科学会、日本骨折治療学会、日本救急医学会
  • 整形外科医師

    牧野 英之

    整形外科医師

    牧野 英之

    ● 卒業年
    2014年
    ● 主な専門領域
    整形外科
    ● 所属学会
    日本整形外科学会
  • 整形外科非常勤医師

    中島 晶

    整形外科非常勤医師

    中島 晶

    ● 卒業年
    1992年
    ● 主な専門領域
    整形外科、脊椎外科
    ● 所属学会
    日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会
    ● 資格
    日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医、日本整形外科学会認定リウマチ医
    医学博士
  • 整形外科非常勤医師

    日下部 賢治

    整形外科非常勤医師

    日下部 賢治

    ● 卒業年
    2002年
    ● 主な専門領域
    整形外科、重度外傷
    ● 所属学会
    日本整形外科学会、日本救急医学会、日本外傷学会、日本集中治療学会、日本骨折治療学会
    ● 資格
    日本整形外科学会専門医、日本救急医学会専門医、ICD制度協議会認定ICD(インフェクションコントロールドクター)
    麻酔科標榜医

ページ
上部へ