診療科・部門

脳卒中センター

概要

365日24時間体制の救急医療から予防まで脳卒中での寝たきりを防ぐ治療を積極的に実践。

昼夜を問わず対応する救急医療体制や高度な血管内治療、予防医療など、脳卒中に特化した治療に総合的に取り組む脳卒中センター。紹介患者さまはできるだけ検査をすべて当日中に行う方針で、迅速な対応を心がけています。
血管内治療では、近年増加傾向にある頚動脈ステント留置術および、血栓回収療法などを中心に高度な先進治療を行っています。
脳卒中は、日本人の死亡原因の第4位となっており、寝たきりの原因第1位です。発症から治療までの時間が重要であり、片方の顔(Face)や手(Arm)がうまく動かない、言葉がうまく出ない・ろれつが回らない(Speech)などの症状が出たら、一刻も早く(Time)受診してください。(FASTでチェック)

▶︎脳梗塞の見分け方チェックはこちら
外来は脳神経外科を受診してください。

特色

24時間脳神経外科医が常駐し、緊急対応。

脳卒中センターは平成9年に設立され、以降、夜間・休日を問わず、脳神経外科医が院内に常駐する体制で、24時間緊急対応しています。尾張西部医療圏の中核病院として、救急医療に力を入れ、より高度な医療をご提供できるよう努めています。
我々は脳神経外科医ですが、「外科的治療が常に最良」と考えているわけではありません。患者さまの年齢、全身状態、脳疾患の程度、社会的立場、家庭環境などは一人ひとり異なります。経験と実績に基づいて十分な情報をできるだけわかりやすく提供し、患者さまご本人、ご家族とも相談の上、治療方針を決定しています。より良い医療を心のこもったかたちで提供できるよう心がけ、今後も努力してまいります。

主な対象疾患

  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • 脳動脈瘤
  • 頭部外傷
  • 顔面痙攣
  • 脳腫瘍
  • 水頭症

※上記は一例です。

●脳血管障害
 (脳梗塞・脳出血・脳動脈瘤・脳動静脈奇形・もやもや病など)

●脳腫瘍
 (良性:髄膜腫・下垂体腺腫・聴神経腫瘍など 悪性:神経膠腫・転移性腫瘍など)

●頭部外傷
 (脳挫傷・急性硬膜下血腫・急性硬膜外血腫・慢性硬膜下血腫など)

●機能性疾患
 (顔面痙攣・三叉神経痛・てんかんなど)

●炎症性疾患
 (脳膿瘍・髄膜炎など)

診療内容

t-PAについて

脳梗塞では、発症から治療までの時間が重要です。
発症から4.5時間以内であれば、血栓を溶かすt-PAという治療薬にて、詰まった血管の再開通が期待できます。治療開始が早いほど脳へのダメージが軽減されますが、すべての症例で症状が改善するわけではありません。
t-PAが使えない場合でも、発症から8時間以内であれば、カテーテルを用いて、血栓を回収する方法で治療を行います。

頚動脈狭窄症に対するステント留置術

大雄会では、頚動脈狭窄症の患者さまへの予防的な治療として、薬物療法、従来からある内膜剥離術のほかに、ステント留置術にも積極的に取り組んでいます。

頚動脈狭窄症とは

動脈硬化が原因で頸動脈が細くなる病気です。頚動脈は、大動脈からの血液を脳に送る太い血管のことで、内頚動脈(頭に血液を送る血管)と外頚動脈(顔に血液を送る血管)に分かれます。この分岐点を頚動脈分岐部といい、この分岐点で動脈硬化が発生して頚動脈が細くなる病気が頚動脈狭窄症です。これが原因で、脳への血流が低下したり、血の塊や動脈硬化の破片が狭くなった動脈から流れて脳の血管で詰まり、脳梗塞を起こします。症状としては、片側の手足が動きにくい、言葉が出にくい、片側の手足がしびれる、といった症状があげられます。

頚動脈ステント留置術とは

局所麻酔下に、足の付け根の血管(大腿動脈)からカテーテルを通して、血管の中から狭くなった部位(狭窄部位)を拡張します。血管を拡張させる際、血栓やコレステロールの破片が脳内に流れてしまうと、脳梗塞を引き起こす可能性があります。 その予防のために、特殊なカテーテル器具を使用することで、血栓やコレステロールの破片だけを回収します。比較的、体への負担が少なく、高齢者や合併症を持った方にも行うことができます。 術後の安静期間や入院期間も外科治療に比べて短いというメリットもあります。

超急性期脳梗塞に対する再開通治療

大雄会の脳卒中センターでは、急性期の血管内管治療における最新技術として、血栓回収療法を導入しています。

血栓回収療法とは

脳梗塞が発生した場合、第一選択となっている治療法はt-PAという薬を使用した点滴治療ですが、発症後4.5時間以内に治療を開始しないといけないといった制約があるため、実際に治療を受けられる患者さまは限られています。そのため、脳梗塞発症後原則8時間以内で、t-PA静注療法の適応外、あるいは効果が乏しい患者さまに対して、血液の流れを再開させて脳梗塞を治療することを目的として、血栓回収療法が行われるようになりました。

医師紹介

  • ケアサービス本部 本部長
    老人保健施設アウン 施設長

    船越 孝

    ケアサービス本部 本部長
    老人保健施設アウン 施設長

    船越 孝

    ● 卒業年
    1971年
    ● 主な専門領域
    脳神経外科、主に脳血管障害
    ● 所属学会
    日本脳神経外科学会、日本脳卒中学会
    ● 資格
    日本脳神経外科学会専門医
    医学博士
  • 社会医療法人大雄会 統括院長
    総合大雄会病院 院長

    今井 秀

    社会医療法人大雄会 統括院長
    総合大雄会病院 院長

    今井 秀

    ● 卒業年
    1982年
    ● 主な専門領域
    脳血管障害、脳腫瘍、機能性疾患
    ● 所属学会
    日本脳神経外科学会、日本脳卒中学会、日本脳卒中の外科学会、日本脳神経外科コングレス
    ● 資格
    日本脳神経外科学会専門医・指導医、日本脳卒中学会専門医
    医学博士
  • 総合大雄会病院 副院長

    白紙 伸一

    総合大雄会病院 副院長

    白紙 伸一

    ● 卒業年
    1984年
    ● 主な専門領域
    脳血管障害、脳腫瘍、機能性疾患、中核神経系のMRI
    ● 所属学会
    日本脳神経外科学会、日本脳卒中学会、日本脳卒中の外科学会
    ● 資格
    日本脳神経外科学会専門医・指導医、日本脳卒中学会専門医、日本脳卒中の外科学会技術指導医
    医学博士
  • 脳卒中センター部長

    加藤 貴之

    脳卒中センター部長

    加藤 貴之

    ● 卒業年
    1997年
    ● 主な専門領域
    脳血管障害、良性脳腫瘍
    ● 所属学会
    日本脳神経外科学会、日本脳神経血管内治療学会、日本脳卒中学会
    ● 資格
    日本脳神経外科学会専門医・指導医、日本脳神経脳血管内治療学会専門医、日本脳卒中学会専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医
    医学博士
  • 脳神経外科診療部長

    秋 達樹

    脳神経外科診療部長

    秋 達樹

    ● 卒業年
    2002年
    ● 主な専門領域
    脳神経外科全般
    ● 所属学会
    日本脳神経外科学会、日本脳神経血管内治療学会、日本神経内視鏡学会、日本脳腫瘍学会、日本核医学会、日本リハビリテーション医学会
    ● 資格
    日本脳神経外科学会専門医、日本神経内視鏡学会技術認定医、がん治療認定医機構がん治療認定医、日本核医学会PET核医学認定医
    医学博士
  • 脳神経外科医長

    松原 博文

    脳神経外科医長

    松原 博文

    ● 卒業年
    2010年
    ● 主な専門領域
    脳神経外科
    ● 所属学会
    日本脳神経外科学会
    日本脳血管内治療学会
    日本脳卒中学会
    日本脳卒中の外科学会
    日本脳神経外科コングレス
    ● 資格
    日本脳神経外科学会専門医
    日本脳血管内治療学会認定脳血管内治療専門医
  • 脳神経外科医師

    今井 直哉

    脳神経外科医師

    今井 直哉

    ● 卒業年
    2015年
    ● 所属学会
    日本脳神経外科学会、日本脳卒中学会、日本心血管脳卒中学会、日本脳神経外科コングレス

ページ
上部へ