診療科・部門

技術放射線科

概要

精度の高い検査・治療を安心して受けていただくために。

技術放射線科は、診療放射線技師と呼ばれる国家資格を有したスタッフで構成された組織です。 診療放射線技師の業務は、単純X線撮影(いわゆるレントゲン撮影)、CT検査、MRI検査など代表的な画像診断検査をはじめとして、PET-CTやRI検査等の核医学検査、更には疾患の治療に直接関与する放射線治療、血管造影など多岐にわたります。

我々、技術放射線科では患者さまの負担をできる限り少なく、精度の高い検査・治療を安心して受けていただくために新しい技術と知識を積極的に取り入れ、常に質の向上に努めています。

業務内容

診療放射線技師の業務は多岐にわたって様々ありますが、大きく分類すると以下の4つになります。

画像検査業務(単純X線撮影、X線透視検査、X線CT検査、MRI検査、 血管造影検査等)

核医学検査業務(ラジオアイソトープ検査、PET検査)

画像検査業務や核医学検査業務は放射線(X線)を出力する医療機器を用いたり、放射線(主にガンマ線)を放出する薬剤を注射したりすることで、体内の様々な体内情報を得る検査業務です。

放射線治療業務

また、放射線治療業務は疾患(主にがん)に限局して強い放射線を照射し、正常の細胞を可能な限り生かしながら、疾患の細胞のみ死滅させて治療する業務です。

放射線管理業務

放射線管理業務という言葉は、あまり聞きなれないかもしれませんが、診療放射線技師は放射線を取り扱う専門家として患者さまの医療被ばくはもちろんのこと、放射線に多少なりとも関わりのある病院職員の職業被ばくをモニタリングし、可能な限り低減させるための管理についても業務としておこなっています。

スタッフ紹介

ページ
上部へ