地域医療連携について

つながる医療

地域医療連携広報誌つながる医療

地域の医療機関さまとコミュニケーションを図り、地域全体で患者さまの健康を守る「地域医療」に貢献していきたい。そんな想いから地域医療連携広報誌「つながる医療」は発行されました。新しく導入した医療機器、治療法などの情報を各診療科からお届けいたします。

vol.37 放射線科

ハイパーサーミア(がん温熱療法)導入
標準治療との併用で治療効果を高め、患者さまの期待に応える

放射線科 診療副部長 供田 卓也 医師

vol.36 整形外科(運動器再建・外傷センター)

機能障害を残さないことを目指し、早期手術・早期リハビリテーション・チーム医療で理論に基づいた骨折治療を実践しています。

運動器再建・外傷センター 顧問 新藤 正輝 医師

vol.35 血液内科

常勤医が着任し、入院診療を再開しました。患者さまの回復に貢献するため最新治療を取り入れるよう努めいています。

血液内科 診療部長 山田 昌秀 医師

vol.34 大雄会の産科・婦人科は2018年5月総合大雄会病院に移転します

産科ではハイリスクな方や緊急の方にも安心の24時間365日体制で対応します。

産婦人科医師

vol.33 循環器内科

常勤医師8人体制で、PCIの初期成功率と長期予後改善をめざした治療を心がけています。

循環器内科 臨床副院長 寺沢 彰浩 医師

vol.32 消化器内科

最新機器で高精度の内視鏡検査、早期がんに対する最先端の内視鏡治療。患者さまの負担を少なくし、高度な技術の検査・治療提供に努めています。

消化器内科診療部長 石塚 隆充医師
消化器内科診療部長 兼 内視鏡センター長
松山 恭士医師

vol.31 婦人科

腹腔鏡手術・開腹手術および婦人科良性・悪性腫瘍に対する治療に取り組んでいます。

産婦人科 診療部長 嶋津 光真 医師

つながる医療バックナンバー一覧

ページ
上部へ