診療科・部門

栄養科

概要

患者さま一人ひとりに合わせた栄養管理で治療のサポートをしています。

栄養科では、管理栄養士が病棟ごとに担当をもち、患者さま一人ひとりの栄養管理を行います。大きく分けて「一般食」と「特別食」の2種類があり、食事療法が必要な方については、主治医の指示により「特別食」を召し上がっていただきます。また、摂食嚥下機能の低下した患者さまへの対応や、食欲のない方には個別対応も行っています。
各科カンファレンスや回診にも参加し、医師、看護師と共に回診に同行して、患者さまの栄養状態の評価、必要栄養量の算出、適切な食事内容選択を提案し、栄養管理に取り組んでいます。

臨床栄養管理

入院中の患者さまの栄養管理

管理栄養士が病棟ごとに担当をもち、患者さま一人ひとりの栄養管理を行います。各科カンファレンスやチーム医療、回診にも参加し、多職種と連携をとりながら栄養状態を改善します。

NST(栄養サポートチーム)>
摂食嚥下チーム >
緩和ケアチーム >

褥瘡回診

入院患者さまで褥瘡が発症している方へ、医師、看護師と共に回診に同行して、患者さまの栄養状態の評価、必要栄養量の算出、適切な食事内容選択を提案し、栄養管理に取り組んでいます。

個別栄養指導(入院・外来)

入院・外来の患者さまを対象に、医師の指示を受けた管理栄養士が、病態に応じて適切な食事の摂り方に関する栄養食事指導を行っています。
※個人栄養指導は予約制です。ご希望の方は主治医にご相談ください。

集団栄養指導(入院・外来)

入院・外来の患者さまやそのご家族の方を対象に、各種教室を実施しています。

糖尿病教室

管理栄養士が、食事療法についての説明、指導を担当します。

各種教室について、詳しくはこちら>

体験教室

入院・外来の患者さまやそのご家族の方を対象に、糖尿病教室(DCT)のスタッフが中心となり、料理教室やバイキング、調理デモンストレーション、試食会などのイベントを開催しています。

糖尿病料理教室イベント(バイキング)

なるべく普段食べるような食事をもとに、適正量、食べ方、メニュー内組み合わせ等を学んでいただきます。

ページ
上部へ