診療科・部門

病理診断科

特色

全国的にも少ない専任の病理専門医が常勤

当院は、全国的にも少ない、専任の病理専門医が常勤している病院です。常勤1名と大学派遣の非常勤病理医3名で対応しています。
臨床病理科は、検査や手術などで採取された組織や細胞を、顕微鏡などを使って詳しく調べ、診断をする部門です。おおまかには次の3つの業務を行っています。
(1)組織診−内視鏡検査や手術で採取された組織の診断を行います。
(2)細胞診−喀痰や尿、子宮頸部拭い液などに含まれるわずかな細胞成分から、病変部位の検索や診断を行います。
(3)病理解剖−不幸にして亡くなられた方の、死因および病態の解明と最終診断、手術や治療の効果判定を客観的な立場で行います。

当院は、日本病理学会研修認定施設です。

医師紹介

  • 病理診断科部長

    加藤 俊男

    病理診断科部長

    加藤 俊男

    ● 卒業年
    1988年
    ● 主な専門領域
    人体病理、発がん過程
    ● 所属学会
    日本病理学会、日本癌学会
    ● 資格
    日本病理学会指導医、病理医、厚生労働省認定死体解剖資格

ページ
上部へ