診療科・部門

腎臓内科

診療施設・時間

どちらかを選択してください

  • 紹介状を
    お持ちでない方
    一般外来
  • 紹介状を
    お持ちの方
    紹介外来

一般外来

腎臓内科
受付時間
午前
8:30〜11:30
(大学医師)

▶▶▶︎ 横にスクロールできます ▶▶▶

※( )は非常勤医師です。

大雄会クリニックは、紹介状をお持ちでなくても選定療養費(大病院に紹介状なしで、初めて受診するとかかる費用5,500円・税込)はかかりません。

紹介外来

腎臓内科
受付時間
午前
8:30〜11:30
小川 敦史
予約不可
(代務医)

▶▶▶︎ 横にスクロールできます ▶▶▶

腎臓内科
受付時間
午前
8:30〜11:30

▶▶▶︎ 横にスクロールできます ▶▶▶

※( )は非常勤医師です。

概要

2019年4月 腎臓内科新設
2021年5月 総合大雄会病院に入院血液透析病床2床新設(午前・午後稼働で最大8人)

主な対象疾患

・ネフローゼ症候群
・慢性糸球体腎炎
・急速進行性糸球体腎炎
・急性腎障害
・慢性腎臓病

診療内容

急性腎障害・急速進行性糸球体腎炎に関しては全身管理を含め、迅速な治療対応が可能です。ネフローゼ症候群、慢性糸球体腎炎においても経皮的腎生検などの原因検索・治療を行っています。
慢性腎臓病においては保存期の腎庇護療法(高血圧症や脂質異常症の治療、禁煙や塩分制限など)を適切に行うことで、残腎機能を可能な限り維持していくことを目標としています。
また、保存期の適切な治療は最終的に透析治療に至ってしまった場合でも、安定した透析やQOLの向上、生命予後の改善につながると考えております。
入院血液透析病床が新設されたことで、血液透析を導入される方の担当や、維持透析をされている方で他科の疾患治療のため入院される方のサポートを行っています。

シャント造設術・腹膜透析に関しては泌尿器科、シャント合併症に関しては循環器内科の担当となっています。

自覚症状が乏しいことが多く治療効果も実感しにくい領域であるため、患者さまの考えをよく聞いた上で根気よく説明させていただきます。

診療所の先生方へ

急性の腎機能障害、検尿異常(特に尿蛋白を伴うもの)、慢性腎臓病の進行症例や原疾患が不明の場合、その他お困りのことがあれば気兼ねなくご紹介ください。

医師紹介

  • 腎臓内科診療部長代行

    小川 敦史

    腎臓内科診療部長代行

    小川 敦史

    ● 卒業年
    2010年
    ● 主な専門領域
    腎臓内科全般
    ● 所属学会
    日本内科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会
    ● 資格
    日本内科学会認定内科医、日本腎臓学会認定腎臓専門医・指導医、臨床研修指導医
  • 腎臓内科非常勤医師

    齋藤 尚二

    腎臓内科非常勤医師

    齋藤 尚二

    ● 卒業年
    2001年
    ● 主な専門領域
    腎臓内科全般
    ● 所属学会
    日本内科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本臨床腎移植学会
    ● 資格
    日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本腎臓学会認定腎臓専門医・指導医、日本透析医学会認定透析専門医、臨床研修指導医
    医学博士
  • 腎臓内科非常勤医師

    多和田 光洋

    腎臓内科非常勤医師

    多和田 光洋

    ● 卒業年
    2006年
    ● 主な専門領域
    腎臓内科全般
    透析医療全般
    ● 所属学会
    日本内科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本腹膜透析医学会
    ● 資格
    日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本腎臓学会認定腎臓専門医、日本透析医学会認定透析専門医、日本医師会認定産業医
    医学博士

ページ
上部へ