診療科・部門

神経内科

診療時間

どちらかを選択してください

  • 紹介状を
    お持ちでない方
    一般外来
  • 紹介状を
    お持ちの方
    紹介外来

一般外来

神経内科
受付時間
午前
8:30〜11:30
武藤 多津郎
第3月曜日のみ予約制
(數田 知之)

▶▶▶︎ 横にスクロールできます ▶▶▶

※( )は非常勤医師です。

紹介外来

神経内科
受付時間
午後
13:30〜15:00
千田 麻友美
完全予約制
内科(一般初診)
受付時間
午前
8:30〜11:30
村瀬 寛
岡澤 光芝
則竹 伸保
(大雄会クリニックの各診療科で診察)

▶▶▶︎ 横にスクロールできます ▶▶▶

神経内科
受付時間
午前
8:30〜11:30
武藤 多津郎
第3月曜日のみ予約制
(數田 知之)

▶▶▶︎ 横にスクロールできます ▶▶▶

※( )は非常勤医師です。

概要

神経内科は脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科です。

神経内科は中枢神経(大脳・小脳・脊髄など)、末梢神経、筋肉を障害する様々な病気をみる内科です。
気分の変化や精神的な心の問題を扱う心療内科や精神科とは異なり、病気を疑う判断材料は、脳神経や筋肉が原因で、体の動きや感覚の異変が起きたり、考えたり覚えたりすることが上手にできなくなったりした場合に、神経内科の病気を疑います。

特色

詳しい病歴の聴取と神経学的診察を行い、患者さまとじっくり向き合って診察

頭痛、しびれ、めまい、運動障害、意識障害、感覚障害などの症状を幅広く診て、脳、脊髄、末梢神経、筋肉の多岐にわたる神経疾患の診断・治療を行います。

主な対象疾患

  • パーキンソン病
  • アルツハイマー型認知症
  • レビー小体型認知症
  • 脳炎・脊髄炎
  • ギランバレー症候群
  • 多発性硬化症
  • てんかん
  • 筋委縮性側索硬化症
  • 重症筋無力症
  • 硬直性筋ジストロフィー

※上記は一例です。

診療内容

パーキンソン病について

パーキンソン病は、神経伝達物質の一つであるドーパミンが減少することで起こると考えられている神経変性疾患です。手足のふるえ、手足のこわばり、動作の緩慢、表情の乏しさなどが代表的な病状となります。パーキンソン病をはじめとする神経変性疾患は治らないというマイナスのイメージを持っている方も多いと思いますが、神経内科領域でも日常臨床において新しい様々な検査法や治療薬の選択肢が広がっています。

治療薬

パーキンソン病の患者さまの症状は千差万別で、薬の効き方や副作用の出方も個人差が大きいです。治療や診断にお困りのケースはお早めにご相談ください。
パーキンソン病の治療に関しては、代表的な治療薬であるドパミンアゴニスト(ロピニロール・プラミペキソール)において徐放製剤が主流になってきています。1日1回の服用で安定した血中濃度推移を示すことが確認されており、患者さまからも「服用回数が減ったので内服忘れを防ぐことができる」とご好評いただいております。また、投与経路として経口投与以外に貼付剤(ロチゴニン)、皮下注射(アポモルヒネ)といった製剤も出てきており、嚥下障害や消化器症状のある患者さまにも使用できるようになりました。

そのほかにも、作用機序の異なるアデノシンA2受容体拮抗薬のイストラデフィリンでは、基底核神経ループの異常を制御してパーキンソン病の運動症状改善をもたらすと言われています。L-DOPAの除放剤や抗ジスキネジア薬等の開発も進んでいますので、今後もますます治療の幅が広がってくると考えられます。
このように多様な治療薬が登場したことで、選択肢の中から患者さまと向き合って最適な治療薬を選び、発症後も社会参加をしながら元気に過ごしていただけるような治療を目指しています。

他科との連携で多岐にわたる疾患に対応

この地域では、まだまだ神経内科の専門医が少ないため、地域の専門医としての役割を果たせるよう、当院の医療ソーシャルワーカーおよび地域医療連携室を通じて地域の先生方と連携を密にし、患者さまとご家族の社会的サポートができるように取り組んでいきます。

医師紹介

  • 神経内科診療部長

    千田 麻友美

    神経内科診療部長

    千田 麻友美

    ● 卒業年
    2000年
    ● 主な専門領域
    神経内科一般
    ● 所属学会
    日本神経学会、日本内科学会、日本神経治療学会、日本人類遺伝学会
    ● 資格
    日本神経学会神経内科専門医、日本内科学会総合内科専門医、日本内科学会認定内科医・指導医
    医学博士
  • 神経内科非常勤医師
    藤田保健衛生大学 神経内科教授

    武藤 多津郎

    神経内科非常勤医師
    藤田保健衛生大学 神経内科教授

    武藤 多津郎

    ● 卒業年
    1980年
    ● 主な専門領域
    神経変性疾患(アルツハイマー病、脊髄小脳変性症、運動ニューロン病など)、神経免疫疾患、神経感染症、頭痛
    ● 所属学会
    日本神経学会、日本内科学会、ニューヨーク科学アカデミー会員、米国神経学会
    ● 資格
    日本神経治療学会評議員、日本神経学会評議員・専門医、日本内科学会指導医・認定医
    医学博士

ページ
上部へ