診療科・部門

保育士について

医療保育とは?

医療を要するお子さまとご家族に対して小児医療の現場で行われる保育士による保育と支援のことを「医療保育」と言います。入院や治療を受ける療養環境にあっても子どもたちが主体となり、成長・発達を促すことができるよう専門的な保育支援を通してお子さまとご家族を支えます。

保育士の役割

保育士は入院や治療を受けるお子さまとご家族を応援し、医療を要する子どもたちが自分の力を最大限発揮できるよう保育の力で引き出します。
・小児病棟と小児科外来を中心に活動しています。入院していたお子さまの退院後は、外来で家での様子などを伺います。
・入院中や治療を受けるお子さまの笑顔が少しでも増えるように、一緒に遊んだり楽しい時間を過ごせるように遊びを提供します。
・口腔外科やその他の診療科では、外来や入院して処置や手術を受けるお子さまが頑張れるよう応援します。
・季刊ごと(春・夏・秋・冬)におたよりを発行し、流行する病気の予防や子どもの生活に役立つ情報をお届けしています。
・小児病棟を飛び出し、産科外来や産科病棟での活動もしています。妊娠期から産後のお母さまに育児の楽しさやコツをお伝えします。
・365日ご家族の応援団になれるよう、保育士直通の育児相談電話「パンダでんわ」で小さな疑問や悩みも解消できるよう支えます。
プレイルームには、年齢・発達に応じたおもちゃや絵本をご用意
プレイルームには、年齢・発達に応じたおもちゃや絵本をご用意
クリスマスのナースステーション
クリスマスのナースステーション

プレパレーション・ディストラクション

プレパレーションってなに?

医療におけるプレパレーションとは、入院、処置、検査について遊びながらお子さまへ説明し、治療に対する心の準備のお手伝いをすることです。
MRI・CTのおもちゃを使った説明
MRI・CTのおもちゃを使った説明

ディストラクションってなに?

医療におけるディストラクションとは、処置や検査中に一緒に遊ぶことで痛みを和らげることです。
お子さまにとって苦痛となる処置や検査を乗り越えるお手伝いをします。

保育士からのおたより「おひさま」

保育士から季節ごとにお子さまの健康に役立つ情報をお届けいたします。

ページ
上部へ