診療科・センター・部門のご案内

眼科

診療科一覧に戻る

概要・特色

白内障、緑内障、角膜、網膜硝子体疾患、眼形成、斜視、弱視など眼科全般の診療を網羅し、手術治療を実施しています。

各医師が専門分野を持ち、安全かつ最先端の眼科医療を実現するよう努力しています。

視力障害のある患者さまにも、診療を通して快適な生活ができるよう、最善の方法を提案していきたいと思います。

対象疾患と診療内容

・白内障、緑内障、角膜、網膜硝子体疾患、眼形成、斜視、弱視など眼科全般の診療、手術治療
・眼鏡、コンタクトレンズの処方

《白内障》
日帰り手術、入院治療

《緑内障》
レーザー治療、手術治療

《角膜》
角膜移植

《糖尿病網膜症》
網膜光凝固治療、硝子体手術治療

《眼形成》
眼瞼下垂手術、内反症手術

《斜視、弱視》
視能訓練士による検査、視能訓練、適応の症例には手術を施行

《視力障害のある方(ロービジョン)》
適切な補助具の検討、指導

白内障


白内障とは、眼の中のレンズの役割をする水晶体が濁ってしまう病気です。
加齢に伴い発症する場合が最も一般的です。白内障は放置さえしなければ、基本的には失明することはありません。しかし一度発症してしまうと、薬では進行を遅らせることはできますが、治療はできません。

【白内障の症状】
白内障にはさまざまな自覚症状があります。上記にも記載の通り白内障は水晶体の濁ってしまう病気のため、光が眼の中に十分に入らなくなり、物がかすんで見えるケースの方が多くみられます。また、かすんで見えるだけでなく、水晶の濁り方によっては水晶体内で光が乱反射し、眩しく見える場合もあります。

・物が霧がかって見える
・夜間、強い光を見た時にまぶしく見える(昼間よりも)
・霧がかかったようなモヤや視界がボケる
・視力検査で急に視力が落ちた、目が疲れやすくなった
上記の症状に該当する方は、眼科の受診をお勧めします。

【白内障の治療】
白内障の手術は濁った水晶体を取り除き、その代りに人工の水晶体(眼内レンズ)を挿入します。麻酔は多くの場合、眼のみの局所麻酔で、手術時間は10分前後ですが、高度に白内障が進行している方や、緑内障、ぶどう膜炎などを合併している場合は長くなることがあります。

【レンズの種類】
白内障手術時に眼内に入れるレンズの種類は単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズと大きく分けて2種類あります。一般的には単焦点の眼内レンズが多く使用されています。

複数の距離にピントが合う「多焦点眼内レンズ」はさまざまな種類があります。おもに近方(30〜50cm)や中間距離(50cm〜3m)の見え方に違いがあり、普段の生活の中でよく見る距離を考えてレンズを選ぶ必要があります。

※多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術は、2008年7月に厚生労働省より先進医療として承認されました。当院は2017年11月より「多焦点レンズを用いた白内障手術」において『先進医療実施医療機関』に認定されました。
※詳しくは厚生労働省のHPをご覧ください。

【多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術の費用について】

手術費用:片眼 320,000〜345,000円
       両眼 640,000〜690,000円


当院は先進医療を行う施設として認可を受けているため、多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術費用は自費負担になりますが、手術前後の診察、検査、投薬、入院料は保険適応となり、患者さま負担が減ります。
また、加入されている任意保険(生命保険)で先進医療特約がある方は使用する事が可能です。(請求方法は各保険会社にお尋ねください。)

手術費用についてご不明な点はお電話にてお問い合わせください。
0586-72-1211 大雄会第一病院・大雄会クリニック医事課

緑内障


緑内障とは、「視野」が狭くなる病気です。
緑内障の主な原因は房水を排出できず、眼圧が上昇することで視神経や網膜繊維が障害され進行します。一度でも視野が欠けてしまうと治療をしても元に戻すことはできません。

【緑内障の症状】
・活字を読んでいる時に文字が暗く抜けて見え難い箇所がある
・歩行中、障害物に気づかずぶつかってしまう事がある
上記の症状に該当する方は、早期に眼科の受診をお勧めします。

日常生活の中で物が見え難いと感じた時には既に病気が進行してしまっており、治療が困難になってしまいます。初期の緑内障の場合で自覚症状がなくても。眼科で視野検査を受けるとわずかな視野欠損が見つかることがあります。

【緑内障の治療】
点眼治療 点眼治療で眼圧を下げることにより緑内障の進行を弱めることができます。
手術治療 点眼治療だけでは眼圧下降の効果が限られる場合や急激に進行した緑内障に対して手術治療を行います。



つながる医療「眼科」角膜移植についてはこちらのリーフレットでもご紹介しています。
(文章は医療関係者向けに書かれています)










図1 眼球断面図
図1 眼球断面図
(クリックで画像拡大)












































TeATe2014春号「緑内障」を知ろう緑内障についてはこちらの冊子でご紹介しています。

ページトップ

医師のご紹介

伊藤 康雄 画像
社会医療法人大雄会
副理事長

大雄会クリニック院長

伊藤 康雄

卒業年 1986年
主な専門領域 白内障手術 (年間約1,500件)。
特に合併症のある難症例の経験豊富。
糖尿病や静脈閉塞、網膜剥離等の網膜硝子体疾患とその手術加療。
緑内障のレーザー及び手術加療 (難症例の加療)
所属学会/資格 日本眼科学会
日本眼科医会
日本眼科手術学会
網膜硝子体学会

小児慢性特定疾病指定医

医学博士

原 修哉 画像
眼科診療部長
原 修哉

卒業年 2000年
主な専門領域 角膜疾患、白内障、緑内障、屈折矯正手術、前眼部疾患、ドライアイ
所属学会/資格 日本眼科学会
日本緑内障学会
日本眼科手術学会
日本白内障屈折矯正手術学会
日本角膜学会

日本眼科学会専門医

NO PHOTO
眼科医師
安里 崇徳

卒業年 2003年
主な専門領域 眼形成
所属学会/資格 日本眼科学会
日本白内障学会

NO PHOTO
眼科医師
大沢 郁文

卒業年 2010年
主な専門領域 眼科一般
所属学会/資格 日本眼科医会
日本眼科手術学会

日本眼科学会専門医

澤木 綾子 画像
眼科医師
澤木 綾子

卒業年 2011年
主な専門領域 眼科一般
所属学会/資格 日本眼科学会

日本眼科学会専門医
  • 一般外来担当医表はこちら
  • 紹介外来担当医表はこちら

ページトップ

診療の実績

ページトップ

眼科は以下の施設で診療を行っております。

関連施設イメージ
名称 大雄会クリニック
所在地 〒491-8551
一宮市大江一丁目3番2号
Tel 0586-72-1211
受付時間 外来担当医表をご覧ください。
休診日 日曜日 祝日
12月31日〜1月3日
4月3日(開院記念日)
  • 医療連携について
  • 医療関係者さま向けのページへ

サイトマップ