診療科・センター・部門のご案内

循環器内科

診療科一覧に戻る

概要・特色

現在、日本での死因の第2位を占める心臓病は、今後も高齢化に伴い増加することが予想されます。
当院の循環器内科ではこの心臓病に対し安全で質の高い、また効率的な医療をそれぞれの患者さまに適切な形で提供しています。循環器内科のみならず心臓外科とも連携しチームで対応しています。

心臓病は突然発症することがしばしばあります。循環器内科では、救命救急センターと協力し、24時間365日、急性心筋梗塞に対する緊急経皮的冠動脈形成術(PCI)をはじめとした循環器救急診療も行っています

心臓病でお悩みの方、また、胸痛がある、胸が苦しくなる、呼吸が苦しい、手足がむくんでいる、動悸がする、意識が遠のく感じがするなど、気になる症状のある方は是非一度ご相談ください。
つながる医療「循環器内科」
当院の循環器内科についてはこちらのリーフレットでもご紹介しています。
(文章は医療関係者向けに書かれています)

対象疾患と診療内容

当院の循環器内科は心臓病に幅広く対応しています。その中で主な心臓病に対するわたくしたちの取り組みを紹介します。

虚血性心疾患   不整脈   心不全   弁膜症   心筋症   肺塞栓症   末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症など)、大動脈疾患


虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など)


心臓へ栄養を送る冠動脈が動脈硬化などにより、血液が流れる空間が狭くなったりつまったりしておこる病気です。心臓病のなかで最も頻度の高い疾患です。

【症状】
胸痛、胸部の苦しさです。特に持続する強い胸痛の場合は、急性心筋梗塞の場合がありますので夜間でもただちに救急外来を受診してください。また、時間が短い(数分間)、強くない胸痛や胸苦しさでも狭心症のことがありますので循環器内科を受診して下さい。

【診断】
冠動脈の病変の診断には、冠動脈CTを積極的に使用し、カテーテルを使用せず、外来にて負担少なく診断可能となっています。心臓カテーテル検査が必要な場合も、肘や手首の動脈(上腕動脈や撓骨動脈)から施行し負担や苦痛を軽減しています。また、負荷心筋シンチグラムや心臓カテーテルによる冠血流予備能比(FFR)を測定し、心臓の血流低下の程度(心筋虚血の程度)を評価し、患者さまそれぞれに最適な治療法が選択できるよう診断します。

【治療】
病状に応じて
1、薬物療法
2、カテーテルによる血行再建(経皮的冠動脈形成術:PCIともいいます;カテーテルをとおしてバルーン、ステントといった器械を挿入し冠動脈の内側から閉塞あるいは狭窄した血管を拡げる方法)
3、冠動脈バイパス手術(心臓外科で施行)
を選択します。

当科では、経皮的冠動脈形成術(PCI)を積極的に施行しています。PCIは、基本的に手首の動脈(撓骨動脈)から施行し、患者さまの苦痛を軽減します。バルーン、ステントのみならず、石灰化(高度に硬化し石のように硬くなること)した病変に対するロータブレータなど様々な機器を駆使し、難易度の高い複雑な冠動脈狭窄にも対応しています。
また、血管内エコーや光干渉断層法による血管内から冠動脈病変を観察することにより精度の高いPCIを行っています。急性心筋梗塞に対しては緊急PCIをおこないます。虚血性心疾患の治療においては、心臓外科とも連携し、患者さまに最適の治療を提供します。



不整脈


【症状】
胸がドキドキする(動悸)、脈がとぶ、失神(一時的に気を失うこと)がある場合不整脈による可能性があります。循環器内科で相談してください。

【診断】
不整脈は、心電図、24時間心電図(ホルター心電図)、心臓カテーテル検査(電気生理学的検査)により不整脈の種類、重症度などを診断します。
不整脈には、脈が遅くなる徐脈性不整脈と脈が速くなる頻脈性不整脈があります。

【治療】
徐脈性不整脈(房室ブロック、洞不全症候群など)に対しては、ペースメーカー植え込み(交換を含む)を施行します。体内式ペースメーカーを植え込まれた患者さまは、ペースメーカー外来にて定期的に経過観察します。
頻脈性不整脈で、心房細動、上室性頻拍、心房粗動、特発性心室性頻拍などに対しては、薬物療法や、カテーテルアブレーション(カテーテルを使って、心臓の内側から不整脈の原因となっている部分を高周波で焼く方法、これにより完全治癒させることが可能です)により治療します。心室細動などの致死性心室性不整脈に対しては、急性期治療のみならず、再発予防、植え込み型除細動器の植え込みも施行しています。


不整脈
図1 正常な場合
不整脈2
図2 不整脈の場合


心不全


心臓が全身に必要な血液を送ることができなくなった状態です。

【症状】
動いた時に息苦しいとか、重症では寝ていても息苦しくなることがあります。また、下肢のむくみがでることもあります。

【治療】
心不全の原因となる心疾患に対する治療と薬物療法が主体となります。重症例ではICUでの人工呼吸器や、大動脈バルーンパンピング(IABP)、経皮的人工心肺(PCPS)などの補助循環装置を用いた治療を施行します。慢性心不全に対して薬物療法のみならずペースメーカを用いた心臓再同期療法も行っています。

弁膜症


心臓の弁(大動脈弁、僧帽弁など)が閉鎖不全となったり、狭窄したりする疾患で、心不全の原因となります。心臓超音波検査や心臓カテーテル検査により診断します。
【治療】
手術による人工弁置換術や弁形成術です。心臓超音波検査による正確な診断と手術の時期、手術方法の決定が重要で、心臓外科と連携し診療にあたっています。大動脈弁狭窄症や僧帽弁狭窄症に対しては、身体に負担の少ないカテーテルによる治療が可能な場合があります。

心筋症


心臓の筋肉(心筋)の病気で、心不全や不整脈をおこすことがあります。心臓超音波検査や心臓カテーテル検査により診断します。

【治療】
主として心不全や不整脈に対する治療となります。閉塞性肥大型心筋症に対してはカテーテルや手術による治療の適応となる場合があります。

肺塞栓症


静脈からの血栓が肺動脈につまる疾患です(エコノミークラス症候群も肺塞栓症の一種です)。近年増加傾向にあります。

【症状】
呼吸困難、息苦しさ、胸痛で、重症例ではショック、心停止となります。

【治療】
重症例には血栓溶解療法やカテーテルによる血栓吸引療法、または外科的血栓内膜摘除術を施行します。また、再発予防には薬物療法、下大静脈フィルター留置を行います。慢性血栓塞栓性肺高血圧に対しては心臓外科にて外科的治療を行っています。

末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症など)、大動脈疾患


【症状】
閉塞性動脈硬化症は、四肢(手足)の動脈に動脈硬化がおこり、動脈が狭くなったり、閉塞し、四肢の血流が低下する病気です。食生活の欧米化や高齢化で増加しています。症状としては、四肢の運動時の痛みやだるさ、さらにはしびれが出ることもあります。血流がわるくなりすぎると手足の先が壊死することもあります。

【診断・治療】
四肢の血圧測定やCTなど比較的簡単な検査で診断でき、また、カテーテルを使った動脈内から血管を拡張したり(血管内治療)やバイパス手術にて治療します。症状のある方は当院循環器内科または創傷・血管センターを受診して下さい。
大動脈瘤や解離性大動脈瘤などの大動脈疾患は、循環器内科、手術が必要な場合(ステントグラフトを含む)は心臓外科で治療を行なっています。気軽にご相談下さい。

ページトップ

医師のご紹介

寺沢 彰浩 画像
循環器内科臨床副院長
寺沢 彰浩

卒業年 1985年
主な専門領域 虚血性心疾患、心不全の診療、心エコー、循環器救急
所属学会/資格 日本内科学会
日本循環器学会 
日本心血管インターベンション治療学会 
日本心臓病学会
日本超音波医学会
日本不整脈心電学会

日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
ICLSインストラクター

医学博士

海川 和幸 画像
循環器内科統括部長

救命救急センター
内科部門 部長
名古屋市立大学医学部
臨床准教授

海川 和幸

卒業年 1994年
主な専門領域 内科 循環器科 虚血性心疾患、高血圧、心不全、心臓核医学
所属学会/資格 日本内科学会
日本循環器学会
日本心臓病学会
日本救急医学会
日本心血管インターベンション治療学会

日本内科学会総合内科専門医・認定医
日本循環器学会循環器専門医
日本内科学会認定内科医・指導医
厚生労働省認定死体解剖(病理解剖)医

医学博士

林 隆三 画像
循環器内科診療部長
林 隆三

卒業年 2006年
主な専門領域 循環器内科一般
所属学会/資格 日本内科学会
日本循環器学会
日本心血管インターベンション治療学会

日本内科学会認定医
日本循環器学会循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
植込み型除細動器/ペーシングによる不全治療研修修了

後藤 礼司 画像
感染症科診療部長

循環器内科医長

後藤 礼司

卒業年 2007年
主な専門領域 内科、循環器、感染症、虚血性心疾患、高血圧
所属学会/資格 日本内科学会
日本循環器学会
日本心血管インターベンション治療学会
日本感染症学会
日本化学療法学会
日本心臓リハビリテーション学会

日本内科学会認定医
日本循環器学会循環器専門医
日本化学療法学会認定抗菌化学療法認定医
ICD制度協議会認定ICD(インフェクションコントロールドクター)
AHA BLS/ACLS Provider
ICLS Provider

NO PHOTO
循環器内科医師
佐藤 暢祐

卒業年 2012年
主な専門領域 循環器一般
所属学会/資格 日本内科学会
日本循環器学会
日本プライマリ・ケア連合学会

日本内科学会認定内科医

山本 沙央里 画像
循環器内科医師
山本 沙央里

卒業年 2012年
主な専門領域 循環器一般
所属学会/資格 日本内科学会
日本循環器学会
日本化学療法学会
日本麻酔科学会
日本集中治療学会

日本麻酔科学会認定医

竹内 一 画像
循環器内科医師

感染症科医師

竹内 一

卒業年 2014年
主な専門領域 循環器一般
所属学会/資格 日本化学療法学会

日本化学療法学会抗菌化学療法認定医

松尾 幸果 画像
循環器内科医師
松尾 幸果

卒業年 2014年
主な専門領域 循環器一般
所属学会/資格 日本循環器学会
  • 一般外来担当医表はこちら
  • 紹介外来担当医表はこちら

ページトップ

循環器内科は以下の施設で診療を行っております。

関連施設イメージ
名称 大雄会クリニック
所在地 〒491-8551
一宮市大江一丁目3番2号
Tel 0586-72-1211
受付時間 外来担当医表をご覧ください。
休診日 日曜日 祝日
12月31日〜1月3日
4月3日(開院記念日)
関連施設イメージ
名称 総合大雄会病院
所在地 〒491-8551
一宮市桜一丁目9番9号
Tel 0586-72-1211(代)
受付時間 外来担当医表をご覧ください。
休診日 日曜 祝日
12月31日〜1月3日
4月3日(開院記念日)

お知らせ

National Clinical Databaseロゴ日本外科学会からのお知らせ

患者さんへ
学術研究へご協力のお願い



NCDを基盤とした保険請求データ(DPC・レセプトデータ)の収集と研究利用について


多くの関連する臨床学会が連携して2010年に立ち上げました一般社団法人National Clinical Database (以下、NCD)では、我が国の医療の現状を把握するため、日本で行われている手術やインターベンション、剖検などの情報を登録するデータベース事業を行って参りました。これまでNCDでは、集められた手術成績などのデータを用いて、関連学会主導のもと、日本の医療の質を評価し、そのレベルの高さを世界に示して参りました。

一方、日本の医療を取り巻く環境は変化を続けています。経済、高齢化などに影響を受け、高額な医療資源の利用や地域医療における資源配分など、現場の臨床に影響を与えうる社会的な課題が多くあります。この度NCDでは、このような課題に対応すべく、日本医療研究開発機構(AMED)の支援を受けた「医療の質向上を目的とした臨床データベースの共通プラットフォームの構築」研究班(研究代表者 宮田裕章)の委託のもと、保険請求データの収集を開始致します。従来より登録されている臨床的な情報に、保険請求情報に含まれる薬剤や医療機器などの使用情報などを追加し、医療の質や資源の利用実態を評価できる基盤を構築することが目的で、NCDに参加する医療機関を受診されたすべての患者さんが対象となります。

日本の医療の質のますますの向上、そして患者さんへ最善の医療を提供し続けるための臨床現場の取り組みを、引き続き全力で支援して参りたいと存じます。何卒ご理解を頂き、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申しあげます。



一般社団法人 National Clinical Database 代表理事
岩中 督




1.本研究への参加について
NCD本体事業同様、研究への参加は、患者さんの自由な意思に基づくものであり、参加されたくない場合は、データ登録を拒否して頂くことができます。なお、登録を拒否されたことで、日常の診療等において患者さんが不利益を被ることは一切ございません。

2.登録される情報の内容
本研究では、NCD本体事業で登録される日常の診療で行われた検査や治療の契機となった診断、手術などの各種治療やその方法などの情報に加え、氏名や住所などの情報を含まない保険請求に関わる情報を収集致します。この情報には治療に使用された薬剤や医療機器の情報などが含まれ、暗号化された状態で暗号化通信を用いてNCDへ提供されます。これらの情報はそれ自体で患者さん個人を特定することはできないものですが、登録される情報と同様に、厳重に管理致します。情報の取り扱いや管理にあたっては、関連する法令や取り決め(「個人情報の保護に関する法律」「人を対象とした医学系研究に関する倫理指針」「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイダンス」「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」など)を遵守致します。登録されたご自身のデータをご覧になりたい場合は、受診された施設にお問い合わせ下さい。

3.収集される情報の使われ方
収集された情報はNCD本体事業で登録された情報と連携して、参加施設の治療成績向上や参加施設ならびに各種臨床領域へのフィードバックに用いられます。また、医療資源の利用実態の把握や評価などの研究に用いられます。どちらの場合にも集計・分析をされた統計情報としてのみ報告され、患者さん個人を特定可能な形でデータが公表されることは一切ありません。NCD本体事業同様、情報の公開に当たってはNCD内の委員会、関連学会などで十分に話し合いを行い、承認を受けた情報のみが公開されます。

お問い合わせについては、受診された医療施設・診療科スタッフまたはNCD事務局までご連絡下さい。

・ 「学術研究へご協力のお願い」文書(PDF)




ロゴ
National Clinical Database 事務局
URL:http://www.ncd.or.jp/
(お問い合わせはホームページ内のフォームからお願い致します。)






 



患者さんへ
専門医制度と連携したデータベース事業について


病院医療の崩壊や医師の偏在が叫ばれ、多くの学会や団体が医療再建に向けて新たな提言を行っていますが、どのような場所でどのような医療が行われているかが把握されていない状況では、患者さん目線の良質な医療は提供できません。そこで日本では、関連する多くの臨床学会が連携し、わが国の医療の現状を把握するため、『一般社団法人National Clinical Database』(以下、NCD)を立ち上げ、データベース事業を開始することになりました。この法人における事業を通じて、患者さんにより適切な医療を提供するための専門医の適正配置が検討できるだけでなく、最善の医療を提供するための各臨床現場の取り組みを支援することが可能となります。何卒趣旨をご理解の上、ご協力賜りますよう宜しくお願い申し上げます。


一般社団法人National Clinical Database 代表理事
里見 進


1.本事業への参加について
病院医療の崩壊や医師の偏在が叫ばれ、多くの学会や団体が医療再建に向けて新たな提言を行っていますが、どのような場所でどのような医療が行われているかが把握されていない状況では、患者さん目線の良質な医療は提供できません。そこで日本では、関連する多くの臨床学会が連携し、わが国の医療の現状を把握するため、『一般社団法人National Clinical Database』(以下、NCD)を立ち上げ、データベース事業を開始することになりました。この法人における事業を通じて、患者さんにより適切な医療を提供するための専門医の適正配置が検討できるだけでなく、最善の医療を提供するための各臨床現場の取り組みを支援することが可能となります。何卒趣旨をご理解の上、ご協力賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

2.データ登録の目的
患者さんに向けたより良い医療を提供する上では、医療の現状を把握することは重要です。NCDでは、体系的に登録された情報に基づいて、医療の質改善に向けた検討を継続的に行います。NCD参加施設は、日本全国の標準的成績と対比をする中で自施設の特徴と課題を把握し、それぞれが改善に向けた取り組みを行います。国内外の多くの事例では、このような臨床現場主導の改善活動を支援することにより、質の向上に大きな成果を上げています。

3.登録される情報の内容
登録される情報は日常の診療で行われている検査や治療の契機となった診断、手術等の各種治療やその方法等となります。これらの情報は、それ自体体で患者さん個人を容易に特定することはできないものですが、患者さんに関わる重要な情報ですので厳重に管理いたします。情報の取り扱いや安全管理にあたっては、関連する法令や取り決め(「個人情報保護法」、「疫学研究の倫理指針」、「臨床研究の倫理指針」、「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」等)を遵守しています。登録されたご自身のデータをご覧になりたい場合は、受診された診療科にお問い合わせ下さい。

4.登録される情報の使われ方
登録される情報は、参加施設の治療成績向上ならびに皆さまの健康の向上に役立てるために、参加施設ならびに各種臨床領域にフィードバックされます。この際に用いられる情報は集計・分析後の統計情報のみとなりますので、患者さん個人を特定可能な形で、NCD がデータを公表することは一切ありません。情報の公開にあたっても、NCD内の委員会で十分議論し、そこで承認を受けた情報のみが公開の対象となります。
お問い合わせについては受診された診療科またはNCD 事務局までご連絡下さい。


ロゴ
National Clinical Database 事務局
URL:http://www.ncd.or.jp/
(お問い合わせはホームページ内のフォームからお願い致します。)



 

ページトップ

  • 医療連携について
  • 医療関係者さま向けのページへ

サイトマップ