診療科・センター・部門のご案内

呼吸器外科

診療科一覧に戻る

概要・特色

呼吸器外科は、肺がん、転移性肺がん、縦隔腫瘍、胸膜中皮腫などの腫瘍性疾患および、膿胸、肺化膿症、肺結核などの炎症性疾患や気胸、胸部外傷など多岐にわたる呼吸器・胸部全般の外科治療を行っています。また、高度COPDなどの合併症や、透析を必要とする患者さまに対しての呼吸器外科手術も、他科と連携して対応しています。

治療には、積極的に胸腔鏡手術を取り入れ、患者さまの負担軽減と早い回復を目指しています。

外科の手術実績は、「当院の実績」ページをご覧ください。
当院の実績


外科概要


つながる医療「呼吸器外科」

「胸腔鏡手術(VATS)や肺がんの治療などについてはこちらのリーフレットでも紹介しています。
(文章は医療関係者向けに書かれています)



対象疾患と診療内容

肺がん


呼吸器外科が対象とする疾患では、肺がんが最も多い疾患です。肺がんはがん死亡者数の第一位であり、肺がん全体の5年生存率も他臓器のがんに比し非常に低い状況です。
しかし、近年の画像技術の発達により、外科切除でほぼ100%完治が可能なタイプの早期肺がん(CTで淡いすりガラス状に描出される小型肺がんなど)が明らかに増加しています。ただ、このような肺がんは発見できても確定診断(病理診断)が困難であることが多く、治療開始までに期間を費やすことにより、根治可能な時期を逃すことになる可能性があります。

当科では、こうした肺がんの早期発見と適切な手術により治療結果の向上を考え、PETを診断に加えることと、診断困難な小結節影(結節状の影)に対して胸腔鏡手術での診断・治療同時方法を行っています。患者さまに詳しい説明を行い、早期発見が早期診断・早期治療となるよう努めています。

肺がんの治療には、進行度により化学療法や放射線治療を加えた治療が必要になることがあります。これらには経験豊富な呼吸器内科医、放射線科医の存在が重要です。また手術に際しては、経験が要求される呼吸器手術麻酔に熟練した麻酔科医、がんの手術には欠くことのできない術中迅速診断に即応できる病理医の協力が大切になります。当院にはこれらの体制が整っており、呼吸器外科医が手術に集中できる環境となっています。


胸腔鏡手術について


手術では全ての疾患に対し、傷が小さく低侵襲(体への負担が少ない)な胸腔鏡手術を積極的に取り入れています。
胸腔鏡手術とは、胸に小さな穴を空け、そこからカメラが先端についた胸腔鏡や手術器具を入れて、映像をモニターで確認しながら行う手術です。これまでの、胸を数十センチ切る手術に比べて、肋骨や大きな筋肉を切らずに済むことと傷が小さいことで患者さまの体への負担が少なく、術後の回復が早いのが特徴です。その一方で、2次元のモニターを見ながら行うため、医師側に高度な技術が必要となります。

自然気胸はほぼ100%が胸腔鏡手術です。患者さまに、病態と治療方法の選択を詳しく十分に説明して、社会的に(学生さんなども含め)早期に復帰でき、可能な限り再発を少なくできるよう努めています。
呼吸器外科領域において、こうした低侵襲手技の導入により、クリティカルパスでの治療が可能となり、肺がんで術後1週間から10日程度、良性疾患・自然気胸などで術後2日から4日程度で、退院が可能となっています。


一般外来担当医表はこちら 紹介外来担当医表はこちら

ページトップ

医師のご紹介

吉原 正 画像
呼吸器外科臨床副院長
吉原 正

卒業年 1988年
主な専門領域 呼吸器外科・一般外科 凍結気管移植の研究で博士号取得 肺がん手術:特に診断困難な肺がんを疑う肺病変に対し、胸腔鏡下手術で診断と治療をかねた同時手術 自然気胸:特にドレーン留置期間・入院期間の短縮を考慮した胸腔鏡下手術の工夫 その他、胸部疾患の手術(縦隔腫瘍、肺良性腫瘍、膿胸など)
所属学会/資格 日本外科学会
日本呼吸器学会
日本呼吸器外科学会
日本胸部外科学会
日本臨床外科学会
日本気胸学会
日本肺癌学会
日本癌治療学会

日本外科学会専門医・認定医
日本がん治療認定医機構暫定教育医

医学博士

秋山 崇 画像
呼吸器外科医長
秋山 崇

卒業年 2007年
主な専門領域 一般外科、呼吸器外科
所属学会/資格 日本外科学会
日本呼吸器外科学会
日本胸部外科学会
日本臨床外科学会
日本肺癌学会
日本気胸・嚢胞性肺疾患学会
日本外科感染症学会

ICD(インフェクション・コントロール・ドクター)

NO PHOTO
呼吸器外科非常勤医師
愛知医科大学
呼吸器外科教授(特任)
副部長

沼波 宏樹

卒業年 1992年
主な専門領域 肺癌・気胸・縦隔の外科
所属学会/資格 日本外科学会
日本呼吸器外科学会
日本胸部外科学会
日本肺癌学会

日本外科学会専門医・指導医
日本呼吸器外科学会専門医

山地 雅之 画像
呼吸器外科非常勤医師
愛知医科大学
呼吸器外科助教

山地 雅之

卒業年 2010年
主な専門領域 呼吸器外科
所属学会/資格 日本外科学会
日本呼吸器外科学会
日本胸部外科学会
日本肺癌学会
日本心臓外科学会

NO PHOTO
呼吸器外科非常勤医師
愛知医科大学
呼吸器外科医員助教

古田 ちひろ

卒業年 2012年
主な専門領域 呼吸器外科
所属学会/資格 日本外科学会
日本呼吸器外科学会
日本胸部外科学会
日本肺癌学会

ページトップ

診療の実績

過去5年間の手術件数

 20112012201320142015
肺疾患125105102115104
肺がん
(胸腔鏡下手術)
53
(32)
50
(28)
41
(23)
46
(29)
31
(23)
転移性肺腫瘍1099910
気胸嚢胞性疾患3822262525
縦隔疾患1641899
胸部外傷35323

ページトップ

呼吸器外科は以下の施設で診療を行っております。

関連施設イメージ
名称 総合大雄会病院
所在地 〒491-8551
一宮市桜一丁目9番9号
Tel 0586-72-1211(代)
受付時間 外来担当医表をご覧ください。
休診日 日曜 祝日
12月31日〜1月3日
4月3日(開院記念日)

お知らせ

肺癌登録合同委員会 第7次事業:2010年肺癌手術症例の全国登録調査

患者さまおよびご家族のみなさまへ
当院は、第7次全国肺癌登録事業に参加します。


肺癌登録合同委員会について

原発性肺癌は本邦における死因の第1位であり、日本国民の健康福祉の向上のために治療成績の向上が求められています。原発性肺癌の治療には外科治療、抗癌化学療法、分子標的療法、放射線療法がありますが、根治のためには外科治療が必須です。外科治療の成績の更なる向上のためには、大規模なデータベースによる治療成績の把握により、外科治療の適応や術式の妥当性が検討される必要があります。

日本肺癌学会、日本呼吸器学会、日本呼吸器外科学会、日本呼吸器内視鏡学会の4学会が合同で運営する肺癌登録合同委員会は、日本の肺癌診療の診療成績を把握するため、定期的に全国の施設に協力を求めて、大規模データベースを構築してきました。肺癌登録合同委員会は、今回、第7次事業として2010年の原発性肺癌外科治療症例の後ろ向き登録を開始することになりました。登録症例の解析結果をもとに、最新の肺癌治療成績を把握し、今後の肺癌診療に活かしていく予定です。また当事業の症例データベースは世界肺癌学会の国際データベース事業とも共同して、国際対癌連合(Union internationale contre le cancerあるいは The Union for International Cancer Control、略してUICC)による TNM分類の改定にも貢献する予定です。

当院は、2010年に付属病院で肺癌に対する外科治療を受けられた患者さんの診療情報を肺癌登録合同委員会 第7次事業に登録し、全国および国際共同研究に貢献する予定です。研究計画書は、事務局である大阪大学 呼吸器外科学のホームページにも掲載されていますので、必要な場合はご確認ください。

大阪大学 呼吸器外科学のホームページはこちら

個人情報の管理は厳重にしておりますので、ご理解お願いします。
ただし事業と研究への参加を拒否される場合はご連絡ください。
拒否の申し出のある患者さんの診療情報の登録は致しません。
ご協力よろしくお願いいたします。

お問い合わせ先
05686-72-1211(代)
社会医療法人大雄会 MCグループ

National Clinical Databaseロゴ日本外科学会からのお知らせ

患者さんへ
学術研究へご協力のお願い



NCDを基盤とした保険請求データ(DPC・レセプトデータ)の収集と研究利用について


多くの関連する臨床学会が連携して2010年に立ち上げました一般社団法人National Clinical Database (以下、NCD)では、我が国の医療の現状を把握するため、日本で行われている手術やインターベンション、剖検などの情報を登録するデータベース事業を行って参りました。これまでNCDでは、集められた手術成績などのデータを用いて、関連学会主導のもと、日本の医療の質を評価し、そのレベルの高さを世界に示して参りました。

一方、日本の医療を取り巻く環境は変化を続けています。経済、高齢化などに影響を受け、高額な医療資源の利用や地域医療における資源配分など、現場の臨床に影響を与えうる社会的な課題が多くあります。この度NCDでは、このような課題に対応すべく、日本医療研究開発機構(AMED)の支援を受けた「医療の質向上を目的とした臨床データベースの共通プラットフォームの構築」研究班(研究代表者 宮田裕章)の委託のもと、保険請求データの収集を開始致します。従来より登録されている臨床的な情報に、保険請求情報に含まれる薬剤や医療機器などの使用情報などを追加し、医療の質や資源の利用実態を評価できる基盤を構築することが目的で、NCDに参加する医療機関を受診されたすべての患者さんが対象となります。

日本の医療の質のますますの向上、そして患者さんへ最善の医療を提供し続けるための臨床現場の取り組みを、引き続き全力で支援して参りたいと存じます。何卒ご理解を頂き、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申しあげます。



一般社団法人 National Clinical Database 代表理事
岩中 督




1.本研究への参加について
NCD本体事業同様、研究への参加は、患者さんの自由な意思に基づくものであり、参加されたくない場合は、データ登録を拒否して頂くことができます。なお、登録を拒否されたことで、日常の診療等において患者さんが不利益を被ることは一切ございません。

2.登録される情報の内容
本研究では、NCD本体事業で登録される日常の診療で行われた検査や治療の契機となった診断、手術などの各種治療やその方法などの情報に加え、氏名や住所などの情報を含まない保険請求に関わる情報を収集致します。この情報には治療に使用された薬剤や医療機器の情報などが含まれ、暗号化された状態で暗号化通信を用いてNCDへ提供されます。これらの情報はそれ自体で患者さん個人を特定することはできないものですが、登録される情報と同様に、厳重に管理致します。情報の取り扱いや管理にあたっては、関連する法令や取り決め(「個人情報の保護に関する法律」「人を対象とした医学系研究に関する倫理指針」「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイダンス」「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」など)を遵守致します。登録されたご自身のデータをご覧になりたい場合は、受診された施設にお問い合わせ下さい。

3.収集される情報の使われ方
収集された情報はNCD本体事業で登録された情報と連携して、参加施設の治療成績向上や参加施設ならびに各種臨床領域へのフィードバックに用いられます。また、医療資源の利用実態の把握や評価などの研究に用いられます。どちらの場合にも集計・分析をされた統計情報としてのみ報告され、患者さん個人を特定可能な形でデータが公表されることは一切ありません。NCD本体事業同様、情報の公開に当たってはNCD内の委員会、関連学会などで十分に話し合いを行い、承認を受けた情報のみが公開されます。

お問い合わせについては、受診された医療施設・診療科スタッフまたはNCD事務局までご連絡下さい。

・ 「学術研究へご協力のお願い」文書(PDF)




ロゴ
National Clinical Database 事務局
URL:http://www.ncd.or.jp/
(お問い合わせはホームページ内のフォームからお願い致します。)






 

ページトップ

  • 医療連携について
  • 医療関係者さま向けのページへ

サイトマップ