ご予約・
お問い合わせ
0586-26-2030
平日 8:30~17:00
土曜 8:30~12:00

ごあいさつ

ご懐妊おめでとうございます。
初産の方はもちろん、出産を経験されている方も、喜びや不安、さまざまな思いで出産を迎えられていることと思います。
大雄会の産科では、母子ともに安全な出産を第一に考え、医師、助産師、看護師、薬剤師、管理栄養士などスタッフが力を合わせて全力でサポートいたします。
出産や育児について不安なことがあれば、何でもご遠慮なくご相談ください。

当院の特色

あなたとご家族の健康の
伴走者になります

妊娠をきっかけに、お母さんと赤ちゃんをはじめとする
ご家族のみなさまの健康を末永くサポートします。

01

24時間365日、
いつでも安心のサポート体制です

当院では24時間365日体制で産科医師と助産師が待機しており、妊婦さんの時間外診療の来院に対応できる体制を整えています。

01

信頼性と高度な医療のバックアップ

専門性の高い医師の充実により信頼性と高度な医療技術の提供が可能です。麻酔科医師が常駐する病院は大変めずらしく、出産に伴うリスクにも対応できる体制を整えています。また、小児科医師による新生児の回診や、内科、婦人科など、さまざまな診療科と連携できるのも安心できる理由のひとつです。

01

個別指導に力を入れています

助産師はあなたの良き相談相手としてサポートしていきます。マタニティハンドブックをもとに、産前から産後の子育てまで個人にあわせた指導を行います。

01

助産外来

助産外来とは、助産師が行う妊婦健診のことです。
通常の妊婦健診に加えて、普段の診察で聞きにくいことや不安なこと、疑問に思っていることなど妊娠さんに合わせたアドバイスをさせていただきます。

01

助産師による子育てサポート

退院後も、お母さんの不安を解消するために、助産師が個別相談に応じています。産科病棟は、乳房トラブルなどのご相談に夜間も対応する安心の24時間体制です。また、母子の定期健診、おっぱいチェック、母乳外来など、さまざまなサポートをご利用いただけます。

当院の8つのポイント

注意事項について

大変申し訳ございませんが、当院では下記の場合は対応できかねますので、ご了承ください。

1. 未受診妊婦の方
妊娠後期での妊婦健診を受けていない方の分娩の対応・受け入れ
2. 日本語が話せない・通じない方
3. 宗教的制約が強い方
食事や診察方針などにおいて、宗教的制約が強い方

Q&A

よくある質問

里帰り出産にしようか悩んでいます。どんな手続きが必要ですか?
妊娠何週くらいまでにどんな準備が必要ですか?
特別な手続きは必要ありません。お電話のみで分娩予約が可能です。妊婦健診は妊娠30週から33週の間にお電話にて外来予約をしていただき、かかりつけ医の紹介状を持って受診してください。
立ち会い分娩について考え中です。どんな事に気をつけたらよいのでしょうか?
経膣出産に限り、パートナーの立ち会いが可能です。立ち会いをご希望の方はご夫婦で後期のマタニティ教室にご参加ください。
また、どのような雰囲気で出産したいか、どのように支援してほしいかなど、バースプランを立ててみましょう。
母子同室は出産した当日からですか?
経膣分娩の方は出産翌日から、帝王切開手術を受けられた方は手術後3日目から同室を開始しております。しかし、分娩やその後の回復については個人差があります。その方の状況によっては、一時的や夜間のお預かりもいたします。無理をせず助産師になんでもご相談ください。
内科で定期受診している病気があります。出産について問題ないでしょうか?
かかりつけ医、当院内科医師とも協力体制をもちながら、妊娠中の管理から安全な分娩、出産後の受診についてもトータルでサポートします。まずはかかりつけ医の紹介状を持って、当院産科医にお話しください。
産科医療補償制度って、どんな制度なのですか?
お産をしたときになんらかの理由で重度脳性麻痺となった赤ちゃんとそのご家族のことを考えた補償制度です。当院での分娩には、産科医療補償制度がご利用いただけます。詳細は、「費用と制度」のページをご覧ください。
支払にカードは使えますか?
はい、クレジットカードでのお支払いが可能です。
VISA、Master、JCB、American Express、ダイナーズクラブカード
がご利用いただけます。クレジットカード各種

フォトギャラリー

PHOTO GALLERY

ギャラリーを見る