個人情報について

  • HOME
  • ソーシャルメディアポリシー

ソーシャルメディアポリシー

ソーシャルメディアポリシー(ガイドライン)

【導入の背景と目的】

近年、FacebookやTwitter、ブログその他ソーシャルメディアが普及したことに伴い、ソーシャルメディアの不適切な利用により大きな問題に直結するケースが散見されます。
社会医療法人大雄会(以下、当法人)では、ソーシャルメディアを有効な情報交換ツールと捉え、正しく活用していきたいと考えております。 そのためのガイドラインとして、当法人職員並びに当法人の業務委託先社員のソーシャルメディア利用にあたっての「ソーシャルメディアポリシー」を制定します。

【ソーシャルメディアの定義】

ソーシャルメディアとは、ブログ・Twitter・Facebook・電子掲示板・ホームページ等に代表されるインターネットを利用してユーザーが情報を発信し、あるいは相互に情報をやりとりする伝達手段を指します。

【適用範囲】

本ソーシャルメディアポリシーは、所属する組織や雇用の形態に関わらず、当法人の業務に従事する全ての人に対して適用されるものです。

【ソーシャルメディア利用にあたっての心構え】

  • 適用対象者は、本ソーシャルメディアポリシーをふまえて行動する
  • 情報発信にあたり、著作権・肖像権・商標権などの各種法令、当法人の定める規程等を遵守する
  • 業務上知り得た機密情報を開示・漏えいしない
  • 以下の点を十分に理解し、慎重にかつ正確性に留意して情報を発信する
    • (1) インターネット上へは不特定多数の利用者がアクセス可能であること
    • (2) 一度インターネット上に公開した情報は、完全には削除できないこと
    • (3) 情報発信には、自己・当法人・第三者等の評判を高め、低下させる影響力があること
  • 発信した情報が当法人の評価になることを意識する
  • ソーシャルメディア利用者の意見に傾聴する
  • 発信される情報に混乱が生じている場合は、静観する姿勢をもつ
  • 当法人に対し否定的・中傷的な投稿を見つけた場合、個人の判断で反論せず担当部署へ報告する

【ソーシャルメディアユーザーのみなさまへ】

当法人の職員ならびに当法人の業務に従事する全ての者がソーシャルメディアで発信する情報は、必ずしも全てが当法人の公式発表・見解を示すものではありません。
当法人の公式発表・見解については、ウェブサイトやニュースリリースをご覧ください。

当法人のアカウントに対して、以下のような行為はご遠慮ください。ユーザーの行為が以下のいずれかに該当する場合、コメントを削除させていただく場合があります。

  • ・本人の承諾なく個人情報を特定、開示、漏えいするもの
  • ・当法人または第三者の名誉、信用を傷つけたり、誹謗中傷するもの
  • ・当法人または第三者の著作権、肖像権、知的財産権を侵害するもの
  • ・法令や公序良俗に反するもの
  • ・その他、当法人が合理的理由により不適切と判断するもの

本ソーシャルメディアポリシー(ガイドライン)は予告なく変更される場合があります。

2012年4月

ページトップ

サイトマップ