診療科・部門

創傷・血管センター

診療時間

どちらかを選択してください

  • 紹介状を
    お持ちでない方
    一般外来
  • 紹介状を
    お持ちの方
    紹介外来

一般外来

創傷・血管センター
受付時間
午前
8:30〜11:30
太田 敬
第4週のみ休診

▶▶▶︎ 横にスクロールできます ▶▶▶

紹介外来

創傷・血管センター
受付時間
午前
8:30〜11:30
太田 敬
第4週のみ休診

▶▶▶︎ 横にスクロールできます ▶▶▶

概要

創傷治癒の促進、創傷発生の予防により肢切断の回避を図ることが目的 です。

創傷・血管センターでは、血管の病気およびそれに起因するキズ(創傷)を対象としており、創傷治癒の促進、創傷発生の予防により肢切断の回避を図ることを目的としています。
関係するさまざまな病気を取り扱う診療科の医師・看護師・技師などがそれぞれ持つ病態・徴候の専門知識を集結して創傷治療を行います。

診療内容

血管疾患に起因する創傷の治療の対象疾患

急性閉塞性動脈疾患

急性動脈塞栓症、急性動脈血栓症、血管外傷

慢性閉塞性動脈疾患

閉塞性動脈硬化症、バージャー病、膠原病、高安動脈炎、透析足病変

静脈疾患

静脈瘤、静脈鬱滞性潰瘍(静脈瘤、深部静脈血栓症後遺症)

先天性血管形成異常

動静脈瘻、パークスウェーバー症候群、クリッペル・トレノネー・ウェーバー症候群(指定難病)

糖尿病性脱疽、透析患者足病変

フットケアの対象疾患

・動脈疾患
・静脈疾患
・リンパ疾患
・糖尿病足病変(胼胝、鶏眼、皮膚乾燥、亀裂、陥入爪)

創傷治療にかかわる診療科

血管外科、形成外科、皮膚科、泌尿器科、内分泌・糖尿病内科、循環器内科、心臓血管外科、整形外科
看護師、臨床検査部、リハビリテーション科、装具士

医師紹介

  • 血管外科顧問

    太田 敬

    血管外科顧問

    太田 敬

    ● 卒業年
    1974年
    ● 主な専門領域
    血管外科全般、閉塞性動脈疾患(バージャー病、閉塞性動脈硬化症、高安動脈炎、膠原病)の治療(バイパス手術、血管内治療、運動療法、薬物療法)、腹部大動脈瘤・末梢動脈瘤の治療、下肢静脈疾患(深部静脈血栓症、静脈瘤)の治療、リンパ浮腫の治療、血管奇形に対する診断と治療、糖尿病性脱疸、透析足病変に対する予防・診断・治療
    ● 所属学会
    日本外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会、日本静脈学会、日本脈管学会、日本下肢救済・足病学会、日本フットケア学会

    【理事】
    日本下肢救済、足病学会

    【名誉会員】
    日本血管外科学会、日本静脈学会、日本脈管学会

    【評議員】
    日本外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会、日本静脈学会、日本脈管学会、日本下肢救済・足病学会、日本フットケア学会

    ● 資格
    心臓血管外科専門医認定機構修練指導者・名誉専門医、日本外科学会認定医・専門医、日本脈管学会認定脈管専門医、下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会認定、下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術実施医

    愛知医科大学名誉教授
    医学博士
  • 総合大雄会病院副院長
    愛知医科大学客員教授

    近藤 三隆

    総合大雄会病院副院長
    愛知医科大学客員教授

    近藤 三隆

    ● 卒業年
    1979年
    ● 主な専門領域
    血管外科(大動脈外科・末梢血管外科)、消化器外科(主に胃・大腸)
    ● 所属学会
    日本外科学会、日本血管外科学会、日本脈管学会、日本人工臓器学会、日本胸部外科学会、日本消化器外科学会、日本内視鏡外科学会、日本臨床外科学会、日本救急医学会、日本外傷学会、日本外科系連合学会
    ● 資格
    日本外科学会専門医・指導医・認定医
    医学博士
  • 総合手術科部長 兼 外科医師

    竹内 典之

    総合手術科部長 兼 外科医師

    竹内 典之

    ● 卒業年
    1988年
    ● 主な専門領域
    血管外科
    ● 所属学会
    日本外科学会、日本血管外科学会、日本臨床外科学会、日本静脈学会
    ● 資格
    日本外科学会専門医・認定医、臨床研修指導医、下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実地基準による実施医
    医学博士

ページ
上部へ