地域の医療関係者さまへ

つながる医療

つながる医療

地域の医療機関さまとコミュニケーションを図り、地域全体で患者さまの健康を守る「地域医療」に貢献していきたい。
そんな想いから地域医療連携広報誌「つながる医療」は発行されました。
新しく導入した医療機器、治療法などの情報を各診療科からお届けいたします。

消化器内科

常勤医師8人体制で、PCIの初期成功率と長期予後改善を
めざした治療を心がけています。

  • 循環器内科 臨床副院長  寺沢 彰浩 医師

消化器内科

最新機器で高精度の内視鏡検査、早期がんに対する最先端の内視鏡治療。
患者さまの負担を少なくし、高度な技術の検査・治療提供に努めています。

  • 消化器内科診療部長 石塚 隆充医師 消化器内科診療部長 兼 内視鏡センター長 松山 恭士医師/

産婦人科

腹腔鏡手術・開腹手術および婦人科良性・悪性腫瘍に対する
治療に取り組んでいます。

  • 産婦人科 診療部長  西川有紀子 医師

乳腺外科

女性のがん罹患数が最も多い乳がん。
初診時から検査、診断、治療までチームで関わり、より良い治療と根治を目指します。

  • 乳腺外科 非常勤医師 森 龍太郎 医師

泌尿器科

腹腔鏡視下手術―手術体制が整い、症例が増加。
悪性腫瘍の治療にも積極的に取り組んでいます。

  • 大雄会第一病院  副院長 蓑島 謙一 医師

耳鼻いんこう科

「睡眠時無呼吸症候群」―ワイヤレスのポリソムノグラフィ(PSG)の導入、
歯科口腔外科との連携治療など増加する患者さまに検査から治療まで幅広く対応する体制を整えています。

  • 耳鼻いんこう科 診療部長 吉岡 真理子 医師

整形外科

「手外科」― 少しの障害でも日常生活に支障をきたす繊細な運動・知覚器官である
手の治療には、特別な配慮をもって取り組んでいます。

  • 整形外科 診療部長 犬飼 智雄 医師

外科

腹腔鏡手術および、肝胆膵悪性腫瘍に対する治療体制の拡充に取り組んでいます。

  • 外科兼消化器外科統括部長 日下部 光彦 医師

口腔外科・有病者歯科

口腔がん、顎の骨折、顎変形症など、さまざまな口腔外科疾患から
歯科インプラントや有病者の歯科治療まで幅広く対応しています。

  • 口腔外科部長 水野 進 歯科医師 口腔外科部長 前田 早苗 歯科医師

人工関節センター

痛みをとるだけでなく、後十字靭帯温存にこだわり
“正座膝をめざす” 日本人のための人工膝関節置換術

  • 人工関節センター長 中根 邦雄 医師

心臓外科

低浸襲かつ高度な手術で、患者さまとご紹介いただいた先生方に満足していただける治療を提供します。

  • 心臓外科 診療部長 田中 佐登司 医師

呼吸器外科

低浸襲な胸腔鏡下手術(VATS)― 早期肺がんほか、さまざまな呼吸器疾患への適応工夫で早期発見・治療に努めています。

  • 呼吸器外科 臨床副院長 吉原 正 医師

呼吸器内科

咳、喘息、COPDに特化した専門外来の開設。
受診理由の多い咳嗽症状の原因の見極めと効果的治療に取り組んでいます。

  • 顧問 岡澤 光芝 医師

放射線科

リニアックのバージョンアップでより高精度な放射線治療(IMRT、
体幹部定位放射線治療)に対応します。

  • 供田 卓也 医師

神経内科

常勤医師が着任。パーキンソン病などの神経変性疾患をはじめ
新しい検査・治療の選択肢が広がっています。

  • 診療部長 千田 麻友美 医師

眼科

角膜専門の医師が全層角膜移植だけでなく
低侵襲なパーツ移植に対応します。

  • 診療部長 原 修哉 医師

腫瘍外科

低侵襲な腹腔鏡手術から、肛門温存術、化学療法との組み合わせまで-
適応を拡大しながら、腫瘍を取りきる手術に積極的に取り組んでいます。

  • 診療部長 野中 健一 医師

創傷ケア・血管センター「血管外科」

「血管外科」―外科治療のみならず
薬物・運動療法など適切な治療を提供します。

  • 血管外科顧問 太田 敬 医師

心臓血管センター

専門的で高水準の医療を提供する
心臓血管センターの新設で、地域の心臓血管疾患治療の向上を目指しています。

  • センター長 安藤 太三 医師

内分泌・糖尿病内科

進化する糖尿病治療。新薬「DPP-4阻害薬」と「持続血糖モニター」の活用で、
テーラーメイド糖尿病治療の提供を目指します。

  • 医長 則竹 伸保 医師

透析センター

在宅患者さまからの問い合わせに24時間対応する体制で、
腹膜透析(CAPD)の導入率を高め、患者さまのQOL向上に取り組んでいます。

  • 泌尿器科部長 山羽 正義 医師

脳卒中センター

365日24時間体制の救急医療から予防まで
脳卒中での寝たきりを防ぐ先進治療を積極的に実践しています。

  • 診療部長 加藤 貴之 医師

整形外科(脊椎治療)

保存治療から手術まで、あらゆる治療法の中から、
患者さまの症状を取り除く最善の方法を選択します。

  • 中島 晶 医師

整形外科(外傷治療)

折れた骨を治すだけでなく、
“機能再建”のための外傷治療に取り組んでいます。

  • 部長 唐澤 善幸 医師

サイトマップ