診療科・センター・部門のご案内

栄養科

入院中の患者さまの栄養管理

管理栄養士が病棟ごとに担当をもち、患者さま一人ひとりの栄養管理を行います。各科カンファレンスや回診にも参加し、多職種と連携をとりながら栄養状態を改善します。

NST(栄養サポートチーム)

入院患者さまの栄養状態を改善するため、主治医からの依頼により医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師が一つのチームとなり栄養改善のサポートをおこなっています。

摂食嚥下チーム

入院患者さまの中で、疾病などにより摂食・嚥下(食物を認識して口に取り込み、胃に至るまでの一連の過程)が困難になった方を対象に、医師、看護師、管理栄養士、言語聴覚士、歯科衛生士、医療相談員が一つのチームになり、適切な摂食・嚥下の評価、最適な栄養管理の選択をサポートしています。

褥瘡回診

入院患者さまで褥瘡が発症している方へ、医師、看護師と共に回診に同行して、患者さまの栄養状態の評価、必要栄養量の算出、適切な食事内容選択を提案し、栄養管理に取り組んでいます。

個別栄養指導(入院・外来)

入院・外来の患者さまを対象に、医師の指示を受けた管理栄養士が、病気治療に適切な食事の摂り方に関する栄養食事指導や助言を行っています。



*個人栄養指導は予約制です。ご希望の方は主治医にご相談ください。

集団栄養指導(入院・外来)

入院・外来の患者さまやそのご家族の方を対象に、各種教室を実施しております。

●糖尿病教室

管理栄養士が、食事療法についての説明、指導を担当します。

●腎臓病教室

低タンパク、減塩料理の具体的な摂取方法についての教室です。

●母親教室

妊娠中の食事のアドバイスを行います。



糖尿病教室


腎臓病教室


母親教室

体験教室

入院・外来の患者さまやそのご家族の方を対象に、糖尿病教室(DCT)、腎臓病教室(TCKD)のスタッフが中心となり、料理教室や調理デモンストレーション、試食会などのイベントを開催しています。

●糖尿病料理教室イベント(試食会)

管理栄養士が糖尿病対策レシピをもとに、参加者の方へ料理の工夫やポイントを指導します。

●腎臓病教室イベント(試食会)

低タンパク、減塩料理の具体的な摂取方法、食材選び、調理の工夫、ポイントを指導します。

サイトマップ