大雄会からのお知らせ

2017/11/10  HONDA歩行アシストを導入しました(老人保健施設アウン)

HONDA歩行アシストを導入しました(老人保健施設アウン)画像

HONDA歩行アシストを導入しました(老人保健施設アウン)画像

HONDA歩行アシストを導入しました(老人保健施設アウン)画像

老人保健施設アウンでは10月1日より歩行支援ロボット「HONDA歩行アシスト」を導入しました。施設ご利用者さまのリハビリの歩行訓練の向上が期待できます。

どんな効果があるの?
歩行時に必要な股関節機能をモーターでアシストすることで、歩行機能(速度や歩幅、左右対称性)の向上が期待できます。

使用対象となる方は?
脳卒中、パーキンソン病等変性疾患、脊柱管狭窄症など、疾病に伴って足の動かしづらさを生じている方ももちろん、加齢に伴う「足の重さ」を感じている方に対しても、効果が期待できます。

どのように使うの?
リハビリ専門職が付属のタブレット端末にて歩行データを解析し、不足している股関節機能のアシスト数値を設定した上で、歩行訓練を行います。
数分歩行を行うことで、装置を外しても、アシストされている感覚が残り、歩行が改善します。

詳しくは当施設までご連絡ください。
TEL:0586-78-1111 : 老人保健施設アウン

老人保健施設アウンのページはコチラ

サイトマップ