大雄会からのお知らせ

2017/11/01  第10回市民公開セミナーを開催しました(胃がん大腸がんは怖くない!)

第10回市民公開セミナーを開催しました(胃がん大腸がんは怖くない!)画像

第10回市民公開セミナーを開催しました(胃がん大腸がんは怖くない!)画像

第10回市民公開セミナーを開催しました(胃がん大腸がんは怖くない!)画像

10月28日(土)総合大雄会病院で10回目となる市民公開セミナーを開催しました。

当日は台風22号が襲来する前日で、生憎朝から雨が降る天候だったにも関わらず、約100名の聴講者の方々にご参加いただくことができました。
ご来場頂いた方々に厚くお礼申しあげます。

今回のセミナーでは、NTT東日本関東病院内視鏡部部長の大圃研先生をお招きして、「胃がん大腸がんは怖くない!〜内視鏡検査したことありますか?〜」と題し、消化器がんと内視鏡検査についてお話しいただきました。

大圃先生は早期消化管がんに対する内視鏡治療、特にESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)を専門とし、術者として食道・胃・十二指腸・大腸併せて3,000例を超えるESDの経験を有する医師です。今年の4月に着任した内視鏡センター長の松山医師がNTT東日本関東病院で研修をしていた縁があり、この機会を設ける事ができました。

大圃先生の講演は医療従事者でなくとも判りやすい内容で丁寧に説明いただき、ポイントごとに笑いが起こるとても面白い講演でした。内視鏡による最新治療(ESD:内視鏡的粘膜下層剥離術)の動画が流れた際には、会場から“すごいなぁ”と感嘆の声が挙がりました。
講演後は聴講者の方々の質問も多く寄せられ、セミナーは大盛況のうちに終了いたしました。

アンケートによる多くのご意見、ご感想をいただき本当にありがとうございました。
いただいたご意見は次回以降の内容に反映させ、より良い内容にしていきます。

サイトマップ